みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300Gの特徴

McIntosh C2300G

McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300Gは、希少価値のあるモデルです。このコントロールアンプはC2300モデルのゴールド・バージョンであり、日本国内のみで発売されました。また、生産台数が100台と少ないため、非常に価値のあるアンプです。  McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300Gのゴールドのカラーリングは、サイドパネルだけでなく、ボリュームなどのノブにもほどこされ、マッキントッシュのトレードマークでもあるつややかな漆黒のガラスパネルや、美しく光る青いメーターをより引き立ててくれます。

 

 

同機の素晴らしさはカラーリングと希少性だけではありません。McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300Gは、不活性ガスを封入したサイレント電磁セレクタースイッチを取り入れており、音楽を鑑賞する上で障害になるノイズや、音の歪みをほぼ発生させません。RCA入出力端子には金メッキがほどこされており、その他の部品にもクリアな音を実現するための最高級のパーツが使われています。

 

 

McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300GのMM/MCフォノ回路とプリアンプ回路に使用されている真空管は6本で、これによりオーディオ・ファンから「マッキントーン」と親しみを込めて呼ばれている独特の豊かな響きをあますことなく堪能することができます。

 

 

McIntosh マッキントッシュ 管球式コントロールアンプ C2300Gは2012年の夏に、78万5千円で限定発売されましたが、同タイプのモデルであるC2300も同じ年の出荷分から値下げされ、C2300Gと同じ価格になりました。

 

 

これには、マッキントッシュのサウンド「マッキントーン」をより多くの人に知ってほしいという企業の狙いがあったといわれています。オーディオの世界はともすればモノマニアック的で閉鎖的な世界のように思われがちですが、上質で豊かな音を自宅で楽しむことができる高級オーディオは、「音楽を楽しむ」という喜びをさらにグレードアップさせてくれます。

 

 

マッキントッシュ・ラボは第二次世界大戦終結から数年後の1949年に創業してから、別の企業の傘下になるなど、紆余曲折を経て現在にいたっています。ですが、オーディオの技術開発に対する真摯な姿勢、製品に対する熱意やこだわりは、創業当時から変わらず続いています。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×