みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452の特徴

McIntosh MC452

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452は、1949年に設立したマッキントッシュ・ラボ社から発売されたパワーアンプです。マッキントッシュ・ラボ社はワシントンで会社を興し、創業から現在にいたるまでアメリカを拠点に商品を展開していますが、日本での販売もおこなわれています。

 

 

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452の発売当時の価格は、税別で125万円でした。入力、出力の両方がバランス回路で構成され、スピーカーにクリアで雑味のない音を送ります。それぞれの出力をオートフォーマーでまとめ、結合する「完全クアッド・バランス回路」により、ノイズを限界まで減らすことに成功しています。

 

再生時のノイズや歪みは、2Ωから8Ωの負荷において最大で0.005%という測定限界以下までそぎ落とされ、音楽鑑賞の邪魔になるものが一切ありません。なお、この値は微小レベル時においても最大出力時においても、一定して変わることがありません。  比較的小型の筐体でありながら、その小さなボックスに詰まっているパワーは計り知れないものです。McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452は、ステレオ450W+450Wですが、このハイパワーハンドリングは、バイポーラ・パワートランジスタによって実現されました。

 

 

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452に搭載されているバイポーラ・パワートランジスタは、オン・セミコンダクター社製のトランジスタです。オン・セミコンダクター社は、半導体などを手がけているアメリカの企業です。自動車やコンピュータ向けの製品だけでなく、医療や軍事方面の分野においても高く評価されています。McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC452に使用されているパワートランジスタも、オン・セミコンダクター社の技術が結集されたもので、電源投入時から最大パワー時におけるバイアス電流を正確無比にコントロールすることが可能になっています。

 

 

シックなブラックのガラスパネルに配置されたブルーのパワーメーターが、ひときわ目を引きます。これは、マッキントッシュのアイコン的存在である「ブルーアイズ・パワーメーター」で、実際の出力パワーを数値化して表示してくれます。美しい青色はオーディオ・ルームの華として非常に魅力的ですが、照明をオフにして静謐なリスニング・タイムを楽しむこともできます。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×