みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402の特徴

McIntosh MC402

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402は、ステレオで400W+400W、モノラルで800Wの出力を誇るパワフルなアンプです。重量も47.6キロと重く、ハイパワーでサウンドを楽しむことができます。

 

パワフルな稼働をさせると、心配なのはオーバーヒートです。しかし、McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402には温度プロテクションがついており、付属のセンサーがオーバーヒートを感知した時には、ただちに入力が遮断される仕様です。そのため、安心して使用することが可能です。温度が下がったことをセンサーが確認すると、入力は復帰します。フレームはステンレス鋼板で、自然空冷をおこなっています。

 

 

また、McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402には、スピーカーのインピーダンスに左右されることなく一定の動作を維持することができるアウトプット・オートフォーマーが備わっています。これはマッキントッシュの歴代のアンプにも搭載されている、マッキントッシュ伝統のテクノロジーです。オートフォーマーによって、歪みを大幅に軽減することができ、ノイズの発生を抑える効果もあります。

 

 

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402は、プッシュプル信号回路を2系統ずつペアにして、バランス増幅回路を構成しています。さらに、マッキントッシュの独自技術である「ダブル差動アンプサーキット」でアンプの構成がなされています。「ダブル差動アンプサーキット」とは、ファイナルステージのアウトプット・オートフォーマーによって出力を改めて統合する構成のことです。アウトプット・オートフォーマーだけでなく、この「ダブル差動アンプサーキット」という構成自体も、ノイズや歪みを抑えるために一役かっています。

 

 

McIntosh マッキントッシュ パワーアンプ MC402にはセントリーモニターも備わっています。セントリーモニターによって、出力電流または電圧が規定値をオーバーさせることなく音楽を楽しむことができます。出力ショート、または低すぎる不可インピーダンスなどが引き起こされた際は、このセントリーモニターが感知します。自動で安全とされるレベルまで下げてくれるので、アクシデントの心配はほとんどありません。

 

 

電源のオン/オフを切り替えることができるリモコンが付属しているので、手軽に操作できるのも魅力の一つです。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×