みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

JBL スピーカー エベレスト DD55000の特徴

JBL EVEREST DD55000
世界一の山脈といえば、エベレストであることは誰もが知っている事実ですよね。そんなエベレストの名を拝借しているスピーカーとして、JBL エベレストが有名です。
JBL エベレストは、正しく世界一のスピーカーを目指しているモデルになります!そんなJBL エベレストの中から、今回はDD55000というモデルについて紹介していきます。果たして、DD55000はどんな特徴のあるスピーカーなのでしょうか?

 

■ JBL エベレスト DD55000の歴史

JBL エベレスト DD55000が誕生したのは、1986年のことになります。JBL史上でも、最強の呼び声が高いモデルである、パラゴンを超えることを意識して開発されているのが特徴です!
そんな高い志を表すフレーズが、エベレストなのであります。当時はコンピューターが普及していたので、科学的なアプローチでバランスの良いスピーカーを意識しているのであります。販売価格は1台135万円と高価なものとなっていたのですが、当時日本はバブルのまっただ中であり、記録的な売り上げがあったのは言うまでもありません。

■JBL エベレスト DD55000の特徴

JBL エベレスト DD55000は、バスレフ方式でフロア型の3ウェイ・3スピーカーであります。ユニット構成は以下になっています。



低域用 – 38cmコーン型(150-4H)
中域用 – ホーン型(2425H+2346-1)
高域用 – ホーン型(2405H)
サイズは、幅920×高さ1,410×奥行510mmで145キロと大柄なシルエットです。個人の家で使用するにもギリギリなサイズであるのが特徴であり、家庭用としての需要が高いモデルであります。

 

大きいながらも、全体的な印象としてスタイリッシュがありますし、木目の美しさはさすがJBLのスピーカーであるという印象です。JBL エベレスト DD55000をサウンド面で見てみると2346-1の特徴的なデザイン性が挙げられます。
ディファインド・カバーレージ・ホーンである2346-1は、素直な中音域を再現すること出来ますし、その形状からあらゆる場所で同じレベルの音を再現できることに成功しているのが特徴です。どこか、飛行機のプロペラを思わせるようなデザインも、2346-1の特徴ですね!

 

全体的な構成として、ナチュラルな音を出すというのがJBL エベレスト DD55000の素晴らしい点です。また、どの音域でもシームレスで揺るぎないサウンドを提供するのは、パラゴンを超えるという意気込みに溢れていると言えます!科学的なアプローチから、緻密な計算の元で作られているJBL エベレスト DD55000は、見た目以上にハイテクな逸品なのです!一度そのサウンドを耳にすると、もう普通のスピーカーじゃ物足りなくなる!そんなスピーカーなのです。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×