みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

JBL スピーカーの特徴

JBLlogo.svg_

JBLと聞くと、超一流のオーディオブランドというイメージがありますよね!

事実、多くのオーディオファンやプロミュージシャンに愛されているブランドであります。

一度そのサウンドを聞くと、JBLの虜になってしまうものですよね!

そんなJBLというブランドの歴史や特徴について紹介します。

 

 

■JBLの歴史

JBLは、1927年にジェームス・B・ランシングとケン・デッカーが立ち上げたランシング・マニュファクチュアリングがそのルーツとなっています。

ジェームス・B・ランシングは圧倒的な才能に恵まれ、1934年にはMGMシャラーホーン・システムの設計と販売に関与し、映画芸術科学アカデミー賞を受賞しています。

残念ながら、ケン・デッカーが若くして亡くなったこともあり、ランシング・マニュファクチュアリングは経営的に傾き始め、アルテックに買収されてしまいますL.

その後、ジェームス・B・ランシングは1946年にジェームス・B・ランシング・サウンドを立ち上げます。

略称は、ジェームス・B・ランシングの頭文字を取ってJBLと命名されています。

ただ、残念ながら経営的に大損失を計上してしまい、1949年にはジェームス・B・ランシングが自殺に追い込まれてしまいます。

経営的には厳しかったものの、38センチフルレンジユニットD130は非常に高いレベルの商品であり、その後も次々と名機を生み出し、今に至っています。

 

 
■JBLの特徴

JBLの特徴としては、良い音を演出する能力の高さにあります。

出力されるサウンドは、どこか物語性を持たせるかのように、喜怒哀楽が上手く表現されるのです!

まるで、スピーカーに勘定があるかのようなパフォーマンスを見せてくれるのです。

よって、映画館や激情などで、良くJBLのスピーカーを目にすることができます。

逆に、家庭向けのモデルの数が少ないのも特徴的ですね!

ただ、オーディオファンの場合は映画館やスタジオ向けのモデルを自宅で使用する方も多いです!

JBLの音の特徴をもう少し詳しく解説すると、特に中域での特性が高い点に尽きます。

ミッドとツィーターにホーンを採用して、リアリティのあるサウンドを奏でてくれます。

また、大型のウーファーを採用しているのも特徴的です。

通常、小型のウーファーで粗さを隠そうと言うスタンスのメーカーが多い中で、JBLは自信を持って大型のウーファーで勝負しています。

これは、大型でも歪の少ないサウンドを再現できるためのことであります。

技術力が高いからこそなせる技である!JBLはやはり超一流ということなのでしょう。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×