みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

マークレビンソン パワーアンプ No.335L の特徴

Mark Levinson No.335L

40年以上もの間、コアなオーディオファンから絶大な支持を得てきたハイエンドオーディオの代名詞的な存在であるマークレビンソンのパワーアンプ No.335Lは、1998年11月に発売された、電源供給ライン・信号経路の短縮・回路のハイスピード化を実現しながら、強力な駆動力をそのままに、一層の高クオリティ音質を実現したパワーアンプです。
外観はブラックとシルバーでゴツい感じで、見た目と同様に厚みがある重厚なサウンドを再現します。

 

マークレビンソンのパワーアンプ No.335Lは重量級のパワーアンプであり、キメ細やかで丁寧なサウンドで、中音域の質感もきっちり表現。マークレビンソンらしい、繊細かつ緻密な音色が相変わらず素晴らしく、No.335Lはトータルバランスが非常に良いパワーアンプです。バランス回路ですので、プリアンプも同様にバランスの物と接続することにより、音楽の空間が広がります。

 

マークレビンソンのパワーアンプ「300シリーズ」は、オーディオのデジタル化が急速に進行している中で、老舗であるマークレビンソンも、時代に合った回路構成を行って、単一回路で構成できるものは単一化し、機能性と音質クオリティの改善に全力をつくし、最新の集積回路デバイスを採用するなどの努力をしています。プリアンプの頂点を極めたマークレビンソンですが、現在もその評価が落ちていることはありません。

 

マークレビンソンの同じ300シリーズで前機種であるNo.334Lは、低音の輪郭が濃くてハッキリしていました。また、3次元的表現・音の立ち上がり具合も良好で、ほかのパワーアンプと違う一番の特徴は、ドラムやベースなどのリズム楽器のまるで跳ね上がるような表現でした。

 

しかし、このパワーアンプ No.335Lと比べればハッキリわかりますが、下へのレンジがNo.335Lのほうが伸びがよく、また、No.335Lでは量感も向上しています。ガウスのように重たいウーファーの場合は、特にそれが顕著に出ます。ジャズ・ロック等のリズム楽器などには良いのですが、クラシック・女性ヴォーカルなどではふっくらとした柔らかい表現が足りなくて、ギスギスした印象になりやすいのです。

 

 

スペック
・実効出力:250WX2(8Ω)
・入力:アンバランス(RCA)1系統、バランス(XLR)1系統
・SP端子:1系統

サイズ
W(幅) : 446.00 mmH(高さ) : 262.00 mmD(奥行) : 479.00 mm

重量
56.00 kg

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×