みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

マークレビンソン パワーアンプ No.27L の特徴

Mark Levinson No.27L

マークレビンソンのパワーアンプ No.27Lは、1989年に発売された、No23Lの開発によって得られた技術をもとに生まれたステレオパワーアンプです。

 

電源トランスより左右に完全に分離された「デュアルモノラル構成」を搭載しています。電源部にトロイダルトランス2基・トータル45,000μFのコンデンサーを採用し、さらに無酸素銅ブスバーによりパワートランジスタに最短の距離でパワーを送ります。

 

電圧を増幅している段は、カスケードで接続されたトランジスタ差動アンプを2段構成にして、ディスクリートの安定化した電源回路を使用しています。そらから、この部分は3段のダーリントンSEPP構成にもなっています。

 

マークレビンソン社独自の目線から、パワーアンプにとって必要な回路を研究して、全帯域にわたり一定の50kΩで変動しない入力インピーダンスに、出力段にはとても低い内部インピーダンス化等が施されています。No.27Lのノイズ対策では、入力端子にπ型ハイカットフィルター・DCカット用コンデンサー、ACラインにラインフィルターを使用しています。

 

電源を投入した時の大電流から電源部部品を防御するサージリミッター回路、アンプ出力の段やスピーカーユニット破損を守る、高速動作可能のプロテクション回路を採用しています。「CAMACコネクター」による通常の入力に加え、キャノン型のコネクターでバランス入力を使用しています。

 

ブリッジ接続によって、ハイパワーモノラルアンプとして使用することもできます。放熱フィンが美しいマークレビンソンのベストセラー、パワーアンプ No. 27L。サウンドはマークレビンソンらしいストレートさ・力強さに溢れていて、厚みがある中域やよく伸びる高域が音楽情報のソースをそのままに伝えます。

 

1989年という時代のマークレビンソンらしさをよく表わしていて、No.27Lの音を聴けばすぐに、なぜマークレビンソンの製品が高級コントロールアンプ機の名を欲しいままにしていたのかが、よく分かる商品です。パワーアンプ No.27Lは無信号の時はとても静かで、音楽信号を入れれば力強いパワー感ですっと立ち上がります。発熱もそれほど有りません。また、BTL接続に対応しています。保護回路も付いてますが、正常動作の時は音質に影響を与えることがない設計になっています。

 

 

スペック。
・実効出力:100WX2(8Ω)
・入力:アンバランス(LEMO)1系統、バランス(XLR)1系統

サイズ
W(幅) : 483.00mm  H(高さ) : 175.00mm  D(奥行) : 450.00mm
重量(kg):31.5kg

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×