みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

オーディオ入門 ~パワーアンプ編~

McIntosh MC1000

パワーアンプとは

オーディオの音をより一層良い音にするために重要なのがパワーアンプです。アンプというのは音の信号を耳で聞こえる音に変換する役割があります。アンプがなければ、全く聞き取れないような音楽もパワーアンプがあるからオーディオの音楽が聴けるようになるのです。パワーアンプはメインアンプとも言われており、音の信号を増幅してスピーカーを駆動させる、名前の通りアンプの主役です。パワーアンプのそばには音質を整えるプリアンプがあることが多いのでパワーアンプが単体の形になっているオーディオのパワーアンプにはボリュームなどの調節つまみは存在しない製品もよくあります。出力が大きくなるほど熱を発するので注意も必要です。

 

迫力のあるサウンド

パワーアンプを取り付けることでオーディオの迫力ある音を体感することができます。パワーアンプを取り付けていない普通のアンプはスピーカー能力を活かしきれていない場合が多いので、パワーアンプがあることでスピーカーの能力を最大限まで引き出すことができます。迫力だけではなく、繊細で鮮明な美しい音に包まれることができます。

 

パワーアンプの種類

パワーアンプは大きく分けると3つの種類に分けられます。まずは多くのチャンネルが搭載されているタイプのものです。2種類以上の音響のコントロールをする時にとても便利で快適です。次に「ハイインピーダンスパワーアンプ」というアンプです。各場所ごとの音量調節ができるので学校や店舗、病院などのたくさんのスピーカーの設置が必要な時に向いています。そして、カーオーディオ用のパワーアンプも存在します。車のオーディオに内蔵されているアンプでは音質や能力が制限されます。迫力あるサウンドとより良い音質を堪能することができるようになります。

 

相性も大切になってくる

パワーアンプはオーディオの出力に対して駆動するものなのでとても重要な機器ですが、他のオーディオ機器との相性も重要になってきます。オーディオの中でまずはパワーアンプとスピーカーの相性を考えましょう。スピーカーの個性や性能などに合わせてパワーアンプも考えないと、互いに最大限の力が発揮できない状態になることもあります。パワーアンプとプリメインアンプの相性もオーディオにはとても大切なものとなります。近年ではメディア媒体がレコードよりもCDが普及していることもあってプリアンプとパワーアンプが一体になっているプリメインアンプが一般的に多く普及されています。別々で設置するのもこだわりがありますが、プリメインアンプのオーディオを視野に入れてみるのも良いのかもしれません。

 

 

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×