みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

オーディオ入門 ~デジタルオーディオ編~

hugo-tt

デジタルオーディオとは

デジタルオーディオの信号ソースはデジタル信号になります。昔ながらのカセットテープやレコード盤はアナログオーディオであってアナログ信号になります。デジタルオーディオではデジタル方式の音源のファイルを再生することができます。CDやDVDの音源、スマートフォンやパソコンなどから利用する動画や音楽の配信サービスの音源などがデジタル音源に当てはまり、これを再生するオーディオ機器がデジタルオーディオです。近年ではデジタル音源の音声圧縮形式としてMP3ファイルが使用されることが多いです。他の形式としてはWMAAACATRACなどを使用するオーディオもあります。最近のデジタルオーディオのイメージとしてはスマートフォンだったり、携帯用オーディオプレーヤーが思い浮かべられますが、映画などを見るときのDVDやBlu-rayのプレーヤーもホームシアターを思い浮かべれば映像と音楽が融合されたデジタルオーディオだということが分かりますね。

 

どんな特徴や性質があるのか

デジタルオーディオはファイルを記録する電子媒体で複数のファイルを管理することができます。製品によって管理できるファイルの制限値が決まっています。当然ながら、大容量になるほど製品の値段がお高くなっていきます。多くのオーディオ機種で液晶パネルからファイルの情報が分かるように表示されています。表示する液晶パネルが装備されていないオーディオも存在します。デジタルオーディオの記録媒体としてフラッシュメモリやハードディスクドライブを使用します。デジタルオーディオは雑音がなく良質な音がするのは分かっていますが、「ハイレゾ」という分野があります。ハイレゾはCDを超える音質で収録された時の原音に近いものなのです。ハイレゾというのは高解像度の細かい音まで収録された音源です。

 

人気のポータブルデジタルオーディオ

さまざまなメーカーからデジタルオーディオは発売されていますが、その中でも人気なのが王道のSONYのウォークマンやAppleのiPodです。音がいいとされているのはSONYのウォークマンシリーズだと思われます。使い方やこだわりの部分の違いで選ぶ製品が変わってくるのでしょう。その他にもハイエンド機は多数あります。

 

スマートフォンとの融合

スマートフォンの普及で音楽のダウンロード販売などを利用する人々が増えているようです。身近なところではコンビニなどに設置されている端末から直接音楽データを購入できるサービスも存在しています。スマートフォン自体がデジタルオーディオとしての利用方法があるので、デジタルオーディオは現代の世の中で一番身近なオーディオとも言えるのかもしれません。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×