みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペアの特徴

Accuphase M-8000

アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペアは2002年8月に110万円で発売されたアンプです。「2000W/1Ω超弩級モノフォニック・パワーアンプ」がキャッチフレーズでした。

一般的に、スピーカーの能力をあますことなく引き出すためには、アンプの出力を低インピーダンス化させることと、スピーカーを定電圧駆動させることが不可欠です。激しく変動するスピーカーのインピーダンスに対応して定電圧駆動を可能にさせる設計は、至難の技です。ですが、アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペアの出力は、22組の出力トランジスターを並列駆動させることで、総電力余裕をあげることに成功しました。それにより、負荷インピーダンスに影響されず安定してスピーカーを駆動させることが可能になったのです。
音質を極限まで高めるため、アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペア内に仕様されているパーツは金プレート化されています。プリント基板は、誘電率が低ければ低いほど伝送の損失が小さく抑えられますが、M-8000のプリント基板には、最も比誘電率が低いとされるテフロン基材が採用されています。優れた耐熱性も兼ね備えているテフロン基材は、まさに伝送回路に最適といえるでしょう。
パワーアンプの最重要部である電源トランスには、大型トロイダル型を採用しています。トロイダル・トランスは、ドーナツのようなコアに太い銅線を捲いたもので、インピーダンスを非常に低く抑えられます。これを熱伝導に優れた高効率放熱構造のアルミケースにおさめることで、外部への余計な影響をゼロにしています。このトロイダル型のトランスは、前述した定電圧駆動にも重要な役割を果たしています。
このように、アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペアは1台でもパワフルな駆動力を誇りますが、2台を接続することも可能です。それぞれのアンプが逆位相になるように信号を入力して、互いのアンプの出力端子にスピーカーを接続する方法をブリッジ接続といいますが、アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-8000ペアを2台ブリッジ接続させると、そのパワーは4,000W/2Ω、2,000W/4Ω、1000W/8Ωという圧倒的なものになります。22パラレル・プッシュプル構成や巨大トロイダル・トランスによる電源部などアキュフェーズのさまざまな技術が、これらの並外れた駆動力を可能なものにしています。

 

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×