みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

アキュフェーズ プリメインアンプ E-360の特徴

Accuphase E-360

2011年11月に、価格38万円で発売されたアキュフェーズ プリメインアンプ E-360にはもちろん、アキュフェーズの代名詞ともいえる「AAVA方式ボリューム・コントロール」が搭載されています。「AAVA方式ボリューム・コントロール」は同社の独自開発技術であり、SN比と低ひずみ率を保ったまま音量を変更することができる画期的なシステムです。アキュフェーズ社製アンプの最大の特徴であるこのシステムは、アキュフェーズ プリメインアンプ E-360以前に発売されているモデルでもその性能をいかんなく発揮し続けてきました。

このアキュフェーズ プリメインアンプ E-360では、パネル中央のディスプレイ部分に音量レベルの数値を表示できるようになりました。数値を見ながら簡単に好みの音量を調整することが可能です。
「AAVA方式ボリューム・コントロール」はそれ自体が独立した電子回路で構成されています。そのため、左右の音量はほんのわずかな差もありません。チャンネル間のクロストークも、ほぼゼロに等しいほど発生しないことが確認されています。
E-300シリーズは、国内のみにとどまらず海外でも高い評価を得てきましたが、アキュフェーズ プリメインアンプ E-360は他モデルよりも大きな出力パワーが魅力です。そのパワーの源は、大電力パワートランジスターのパラレル・プッシュプル構成、大型高効率電源トランス、そして強力電源部です。
アキュフェーズ プリメインアンプ E-360のパラレル・プッシュプル構成は、ハイパワー・トランジスターを取り入れることにより、チャンネルあたり140W/4Ω、100W/8Ωのパワーを有することが可能になりました。
また、電源部は大容量フィルター・コンデンサーを搭載することによって大出力を実現しました。
オプション・ボードを増設すれば、デジタル入力による演奏もアナログ・レコードの再生も思うがままです。ヘッドフォーン専用のアンプ回路が内蔵されているので、ヘッドフォーンをしていても音質の素晴らしさは変わりません。
また、バイアンプ対応のスピーカーがあれば、ゲインの等しい別々のアンプをバイアンプ方式で接続し、さらに高音質の演奏を鑑賞することも可能です。
フロントパネルの下部には、サブパネルが内蔵され、ボタンを押すことでパネルが開きます。サブパネルを閉じた状態はすっきりとスタイリッシュなので、部屋のインテリアにさりげなく溶け込みます。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×