みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

アキュフェーズ パワーアンプ P-3000の特徴

Accuphase P-3000

アキュフェーズ パワーアンプ P-3000は、定価39万円で2004年7月に発売されました。アキュフェーズ パワーアンプ P-3000は、この年以前に発売されたP-7000、P-5000の高度な設計を受け継ぎ、進化させたもので、プリアンプC-2000と組み合わせることで組み合わせることでさらなる真価を発揮します。C-2000は、アキュフェーズ パワーアンプ P-3000と同年に発売されたプリアンプで、可変抵抗体を使用しないボリューム・コントロール方式「AAVA方式ボリューム・コントロール」を備えています。
アキュフェーズ パワーアンプ P-3000は、「インスツルメンテーション・アンプ方式」を取り入れ、フルバランス伝送化に成功したモデルです。もちろん、ひずみや雑音を極限まで取り除く「カレント・フィードバック増幅回路」も搭載済みです。「インスツルメンテーション・アンプ方式」は、ひずみや雑音を排除できるだけでなく、周辺の環境の変化に適応できるのが特徴です。

 

そのため、外部雑音のシャットアウトにも成功、以前のモデルから比較して音の純度がさらに向上しています。この方式でゲインをコントロールすると、ゲインを下げるのと自動的にノイズ成分も下がります。「インスツルメンテーション・アンプ方式」は、スピーカーの残留ノイズ削減に対して、大きな効力を発揮しています。

 
アキュフェーズのオリジナル回路方式であり、同社の代名詞の一つともいえる「MCS+回路」も、もちろん搭載されています。MCS技術は、アナログ増幅回路の性能を高めるための技術で、多数回路を並列接続することにより、雑音を発生させないようにしています。P-3000は、こうしたさまざまなアプローチにより、徹底して雑音を低く抑えることに成功したモデルです。また、電力に余裕をもたせることで安定した駆動を実現しています。
アキュフェーズ パワーアンプ P-3000のリアパネルには、モード切替スイッチがつけられています。デュアル・モノポジションに合わせ、左チャンネルの信号を両方のスピーカー端子から出すことで、低域及び高域専用のバイアンプ駆動用として使用することも可能です。
さらに2系統の大型スピーカー端子を備えており、ケーブル端末処理用にYラグやバナナ・プラグも挿入が可能です。ライブ・スタジオや音楽ホールで込み入った接続をしても、安心の駆動が期待できます。

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×