みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

TANNOY スピーカー STIRLING/HW

型番 STIRLING/HW
仕様 方式 2ウェイ・1スピーカー・特殊バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 全帯域用:25cm同軸型
許容入力 100W連続
250Wピーク
出力音圧レベル 90dB/W/1m
コントロールネットワーク 1kHz~20kHz(±3dB、5ポジション)
内容積 68リットル
外形寸法 幅486×高さ700×奥行310mm
重量 210kg
付属 サランネットボード固定キー
ウッドワックス
発売年
高額買取ランク

rank1

TANNOY スピーカー STIRLING/HWの特徴

25cm(10インチ)同軸型2ウェイユニットである2558を搭載しています バスレフ方式 フロア型 スピーカーシステム TANNOY STIRLING HW ウエスタンケーブル チューニングバージョンです。

このHWはスターリングの後継機として発売され、金メッキを施したレベルコントロールと、リボンワイヤーによるウーハー用ボイスコイル等の改良が加えられました。

他のスピーカーシステムでは体験できないTANNOYの同軸型2ウェイユニットならではのクラッシック音楽を再生時の底から吹き上がってくる重心が低く高揚感溢れる低音と奥行き感の再生できる、数少ないフロア型スピーカーシステムです。

TANNOY タンノイの歴史

ガイ・ルパート・ファウンテンが1926年に創ったタルスメア・マニュファクチュアリング社はスコットランドにあるスピーカー・メーカーでしたが、1932年にガイ・ルパート・ファウンテンがtannoyを商標登録した為、現在のtannoy社となったとされています。


でもtannoy社のオーディオ・スピーカーは人気が高いのですが、その原点となったスピーカーが1933年に発売されたマグナボックス製のウーハーです。

tannoy社のスピーカーで代表作と言えば通称『モニターブラック』と言われたウーハーとツイーターです。位相に合わされた2ウェイ式ユニット・スピーカーでデュアルコンセントリック・ユニットの元となったと言われています。

この2ウェイ式ユニットを搭載した『オートグラフ』と呼ばれた家庭用オーディオ・スピーカーが発売され、マニアの間でも高く評価され話題となりました。しかし、順風満帆に見えたtannoy社でしたが1970年代に入ると業績にも陰りが出始め、tannoy社のお家芸でもあった家具調オーディオ・スピーカーを作る木工職人の数も減り生産性にも陰りが見えていました。

1974年には、オーディオ・スピーカーの要でもあったコーン紙工場で火災が起こり工場は壊滅。それに加えガイ・ルパート・ファウンテンが病に倒れたことで引退を決意し、ガイ・ルパート・ファウンテンが所有していたtannoy社の株をアメリカのハーマン・インターナショナルに売却してしまいます。

tannoy社を心から愛していたノーマン・クロッカーを含む経営軍団が1978年にtannoy社の株を買い戻すことに成功!ここからtannoy社の快進撃がスタートすることとなります。


低迷していた家具調オーディオ・スピーカーを復活させ、tannoy復興記念スピーカー『GRF Memory』を発売。またガイ・ルパート・ファウンテンが、tannoy社を創業してから変らぬ伝統の2ウェイ式ユニット・スピーカーのデュアルコンセントリックは、tannoy最上級オーディオ・スピーカーに用いられています。


日本でtannoy社のオーディオ・スピーカーが購入出来るようになったのは、1976年に日本老舗音響メーカーのTEACがtannoyの正規輸入代理店となったことで大規模な輸入が行われるようになりました。機会があれば是非、tannoy社の代表作である『オートグラフ』『キングダム』のオーディオ・スピーカーを試して下さい。

TANNOY タンノイのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×