みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Mark Levinson コントロールアンプ No.38SL

型番 No.38SL
仕様 ・ 入力:バランス(2)、アンバランス(4)
・ 出力:バランス(1)、アンバランス(1)、テープ(2)、デジタルコミュニケーション端子
・ 電源:AC100V 50/60Hz

サイズ
W(幅) : 400.00mm  H(高さ) : 98.00mm  D(奥行) : 364.00mm
重量(kg):16.0kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Mark Levinson コントロールアンプ No.38SLの特徴

マークレビンソンのコントロールアンプ No.38SLは1994年に発売された、マークレビンソンNo.38Lの内部の主要なパーツを一新して、音質的に大幅なグレードアップを図った特別バージョンのコントロールアンプです。



このマークレビンソンのコントロールアンプ No.38SLは、No.38Lと基本構成では同じですが、38Lで使用されていた高品質な部品の中でも、さらに徹底的に選び抜かれた部品だけが使用されており、厳選された処理速度のハイスピード素子の特性が、四層基板により最大限に発揮されていて、上位機にふさわしい音質を実現しています。



音楽信号とアースラインから独立した±電源ラインを設けている4層基板を採用していて、電源ラインを最短にすることで電源のインピーダンスを低減し、回路への過渡特性の向上を実現しています。当時はこのマークレビンソンのコントロールアンプ No.38SLの「Sバージョン」の技術が、バージョンアップという手法によって一般仕様のユーザーへも恩恵を与え、パワーアンプを始めとした他のMLプロダクツにも採用されて行きました。



No.38SLは衛星通信などの分野で使われている、高絶縁特性をもつ「新素材シアン化エステルプリント基板」を、オーディオ製品では世界で始めて採用した画期的なマークレビンソンのコントロールアンプです。音質の細かさ&よく伸びる高域、密度感があるクオリティが高い音が特徴的です。



デジタルボリュームは速度感応型であり、ゆっくり回せば0.1dBと細かく動き、速く回せばdBが大きく動くという、大変便利で使いやすいのが特徴です。アナログ回路は全段をバランスアンプ構成にして、アンバランス入力のときには、コンバーターによってバランス変換した後で、メイン増幅回路に入力という、徹底した方法が採用されています。



バランスアンプは、2個必要になるレベルコントロール特性を揃えるのはかなり難しいですが、マルチビットDAC内部の精密な抵抗群をレベルコントロールのエレメントにそのまま使用し、誤差をppmレベルに抑えることに成功しています。マークレビンソンのコントロールアンプ No.38SLの、頑丈でしっかりとしたホールド感があるリモートコントローラーも見事な一品です。





Mark Levinson マーク・レビンソンの歴史

1973年、ハイエンドユーザー向けにmark levinson氏が『LNP-2』と言う高級オーディオ・アンプを発売したのがmark levinsonと言うブランド設立の由来です。

この高級オーディオ・アンプ『LNP-2』は、その当時としては突出した性能を持ち世界中のオーディオメーカーに研究された逸話を持っています。


1974年にmark levinson製モジュールを搭載した高級オーディオ・アンプ『JC-2』を初めて発売しました。この高級オーディオ・アンプ『JC-2』がmark levinson社のオーディオ・アンプの元祖と呼ばれることとなります。

mark levinson社のオーディオ・アンプ設計での絶対的な理念としていたのがモノラル設計に拘ると言うことでした。
別々の独立した2つのモノラル回路を一つの筺体にまとめることで、オーディオ・アンプをステレオ化することに成功。

この構成を『デュアルモノラル構成』と呼び、mark levinson社を代表するオーディオ・アンプの殆どに採用されています。
しかし、そんなモノラルに拘り続けたmark levinsonも、1980年代頃からモノラル構成に限界を感じ出し、従来のモノラル・モジュールからカード式モジュールへ改良を行い、更に音質の向上を実現することに成功します。


そうして誕生したのがプリアンプ『ML-7L』でmark levinsonを代表するスタンダードモデルとしてオーディオマニアからも高い評価を受けることとなりました。


この頃からmark levinsonはハイエンドブランドのオーディオメーカーとしての地位を確立しました。
1990年代に入るとオーディオ業界にも変革の時期が訪れ、アナログからデジタルへと急速に変化していくことになりました。


そんな時期にmark levinsonプリアンプの最高傑作と言われた『No.26SL』が発売されました。この『No.26SL』は世界中で賞賛を浴び、mark levinsonの名を更に高めることに成功します。mark levinson歴代プリアンプの中でも最高の評価を受けたのが、1997年に発売された『No.380L』と『No.380SL』です。


デジタル化が進む中でmark levinsonも時代に合わせた回路構成をを行い、単一回路で行える物は単一化し機能性・音質改善に力を注ぎ、最新集積回路デバイスを用いて誕生したのが『No.380L』と『No.380SL』です。プリアンプの頂点を極めたmark levinsonですが現在でもその評価が落ちることはありません。



Mark Levinson マーク・レビンソンのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×