みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Mark Levinson パワーアンプ No.434L

型番 No.434L
仕様 ・定格出力:125W(8Ω)/250W(4Ω)/500W(2Ω*)
・周波数特性:20Hz~20kHz(±0.1dB)
・S/N比:89dB以上(1W 出力時)
・入力端子:XLRバランス×1組、RCAアンバランス×1組装備

サイズ
W(幅) : 451.00mm  H(高さ) : 150.00mm  D(奥行) : 513.00mm
重量(kg):25.5kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Mark Levinson パワーアンプ No.434Lの特徴

マークレビンソンのパワーアンプ No.434Lは、2000年発売に発売されたパワーアンプです。抜群のドライバビリティーで評価が高かったNo330Lシリーズからの設計コンセプトを受け継いだ、群を抜く音像再現力で高評価を受けているデュアル・モノラル・パワーアンプになります。完成度の高いチャンネルセパレーションから、奥行き・厚みがあるサウンドを創り出します。



No.434Lは同マークレビンソンパワーアンプの400番シリーズのステレオパワーアンプです。このシリーズにおけるステレオアンプには、出力が1チャネルあたりで200W (8Ω)であるNo.431Lと、No.432Lがあります。サイズでは、高さだけ「No.432L」が「No.431L」より44mmほど厚みがあります。また、「No.432L」は「No.436L」とサイズでは同じですが、「No.436L」が1台の総重量が38.6kgであるのに対して、このはマークレビンソン パワーアンプ No.434Lは52.2kgもあって、DUAL MONAURALステレオアンプとして、まったく手を抜いていないことがわかるでしょう。



回路のハイスピード化により、繊細な表現力や駆動力の余裕度がアップしています。モノラルで、「チャンネルセパレーションの広大なサウンドステージ」という部分も魅力的です。



マークレビンソンのパワーアンプ No.434Lはリニアリティーの高さでも、スペック的に非常に高い駆動力が魅力ですが、現在のハイレゾ技術に対応できるかがすこし不安の周波数特性・SN比ではあります。しかし、低能率や低インピーダンススピーカーを思う存分に鳴らすには向いているでしょう。ジャズをパワフルでいながらきめの細かい音質で鳴らせる、人気のマークレビンソンのパワーアンプ No.434L。モノラルペアで大型スピーカーを豪快に鳴らしてください。



ちなみに、モノラルパワーアンプには「No.436L」の下位モデルである「No.434L」もあります。
この400シリーズには、一貫したマークレビンソンのパワーアンプらしい、優れた音楽情報表現が脈々と受け継がれています。





Mark Levinson マーク・レビンソンの歴史

1973年、ハイエンドユーザー向けにmark levinson氏が『LNP-2』と言う高級オーディオ・アンプを発売したのがmark levinsonと言うブランド設立の由来です。

この高級オーディオ・アンプ『LNP-2』は、その当時としては突出した性能を持ち世界中のオーディオメーカーに研究された逸話を持っています。


1974年にmark levinson製モジュールを搭載した高級オーディオ・アンプ『JC-2』を初めて発売しました。この高級オーディオ・アンプ『JC-2』がmark levinson社のオーディオ・アンプの元祖と呼ばれることとなります。

mark levinson社のオーディオ・アンプ設計での絶対的な理念としていたのがモノラル設計に拘ると言うことでした。
別々の独立した2つのモノラル回路を一つの筺体にまとめることで、オーディオ・アンプをステレオ化することに成功。

この構成を『デュアルモノラル構成』と呼び、mark levinson社を代表するオーディオ・アンプの殆どに採用されています。
しかし、そんなモノラルに拘り続けたmark levinsonも、1980年代頃からモノラル構成に限界を感じ出し、従来のモノラル・モジュールからカード式モジュールへ改良を行い、更に音質の向上を実現することに成功します。


そうして誕生したのがプリアンプ『ML-7L』でmark levinsonを代表するスタンダードモデルとしてオーディオマニアからも高い評価を受けることとなりました。


この頃からmark levinsonはハイエンドブランドのオーディオメーカーとしての地位を確立しました。
1990年代に入るとオーディオ業界にも変革の時期が訪れ、アナログからデジタルへと急速に変化していくことになりました。


そんな時期にmark levinsonプリアンプの最高傑作と言われた『No.26SL』が発売されました。この『No.26SL』は世界中で賞賛を浴び、mark levinsonの名を更に高めることに成功します。mark levinson歴代プリアンプの中でも最高の評価を受けたのが、1997年に発売された『No.380L』と『No.380SL』です。


デジタル化が進む中でmark levinsonも時代に合わせた回路構成をを行い、単一回路で行える物は単一化し機能性・音質改善に力を注ぎ、最新集積回路デバイスを用いて誕生したのが『No.380L』と『No.380SL』です。プリアンプの頂点を極めたmark levinsonですが現在でもその評価が落ちることはありません。



Mark Levinson マーク・レビンソンのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×