みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Mark Levinson コントロールアンプ No.28L

型番 No.28L
仕様 ・入力:アンバランス(LEMO)×3系統、バランス(XLR)×2系統
・出力:アンバランス(LEMO)×1系統、バランス(XLR)×1系統

サイズ
W(幅) : 444.00mm  H(高さ) : 78.00mm  D(奥行) : 276.00mm
重量(kg): 本体部は6.5kg 電源部:6.0kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Mark Levinson コントロールアンプ No.28Lの特徴

マークレビンソンのコントロールアンプ No.28Lは、1991年に発売された、必要最低限の機能だけを搭載したコントロールアンプです。このコントロールアンプは、本体部にあたるNo28Lと、電源部にあたるPLS-228Lで構成されています。



サウンドを再生しているときの処理過程で起こってしまう、音質の劣化について対策していて、このオーディオ商品における長年の問題に終止符を打つべく、コントロールアンプ No.28LはDifferential in Differential out(DIDIO)というマークレビンソン独自の技術を導入しています。入力~出力まですべてをバランス型により信号処理する方式で、コモンモードノイズ&歪の派生を極力抑えることが可能になりました。



このDIDOテクノロジーを生かすために、マークレビンソンのコントロールアンプ No.28Lは外からのノイズに効果的なバランス型入出力を採用しています。光学読取り方式である新開発アッテネーターを搭載していて、0.1dB内の精密な動作を可能にしつつ、機械的摩擦・温度変化にも左右されない高い信頼性を確保しました。



フロントフェイスの見た目は同モデルのNo.26Lに似ていますが、その中身は次世代機No.38のようなフルバランス構成という異色なモデルです。ボリュームの感度が良く、内部スイッチによってゲイン4段階切り替えができます。スピード感に溢れたキレが良いプリアンプで、中~低域の厚みも充分にあります。



タイトかつ切れ味がある硬派な音のこのコントロールアンプ No.28Lは、素直でストレートな音を組み合わせる能力を持っています。同マークレビンソンの「No.29Lパワーアンプ」とベストな組み合わせで、JBLモニタースピーカーではジャズ・ロックを楽しむのに適しています。



コントロールアンプ No.28Lは同モデルであるNo26Lのテクノロジーを随所に継承していて、音楽信号経路を最短に、入・出力間のスイッチコンタクトが最高で2ヶ所に抑えられて、マークレビンソン独自の「マトリックス高精度リレーコントロール」のほかにも、No26Lの電源部であるPLS-226Lに採用されたものと同じハイグレードなパーツで構成されている独立電源を採用。



スタンダードモデルのほかにも、「MMフォノカード搭載モデル」と「MCフォノカード搭載モデル」がありました。



Mark Levinson マーク・レビンソンの歴史

1973年、ハイエンドユーザー向けにmark levinson氏が『LNP-2』と言う高級オーディオ・アンプを発売したのがmark levinsonと言うブランド設立の由来です。

この高級オーディオ・アンプ『LNP-2』は、その当時としては突出した性能を持ち世界中のオーディオメーカーに研究された逸話を持っています。


1974年にmark levinson製モジュールを搭載した高級オーディオ・アンプ『JC-2』を初めて発売しました。この高級オーディオ・アンプ『JC-2』がmark levinson社のオーディオ・アンプの元祖と呼ばれることとなります。

mark levinson社のオーディオ・アンプ設計での絶対的な理念としていたのがモノラル設計に拘ると言うことでした。
別々の独立した2つのモノラル回路を一つの筺体にまとめることで、オーディオ・アンプをステレオ化することに成功。

この構成を『デュアルモノラル構成』と呼び、mark levinson社を代表するオーディオ・アンプの殆どに採用されています。
しかし、そんなモノラルに拘り続けたmark levinsonも、1980年代頃からモノラル構成に限界を感じ出し、従来のモノラル・モジュールからカード式モジュールへ改良を行い、更に音質の向上を実現することに成功します。


そうして誕生したのがプリアンプ『ML-7L』でmark levinsonを代表するスタンダードモデルとしてオーディオマニアからも高い評価を受けることとなりました。


この頃からmark levinsonはハイエンドブランドのオーディオメーカーとしての地位を確立しました。
1990年代に入るとオーディオ業界にも変革の時期が訪れ、アナログからデジタルへと急速に変化していくことになりました。


そんな時期にmark levinsonプリアンプの最高傑作と言われた『No.26SL』が発売されました。この『No.26SL』は世界中で賞賛を浴び、mark levinsonの名を更に高めることに成功します。mark levinson歴代プリアンプの中でも最高の評価を受けたのが、1997年に発売された『No.380L』と『No.380SL』です。


デジタル化が進む中でmark levinsonも時代に合わせた回路構成をを行い、単一回路で行える物は単一化し機能性・音質改善に力を注ぎ、最新集積回路デバイスを用いて誕生したのが『No.380L』と『No.380SL』です。プリアンプの頂点を極めたmark levinsonですが現在でもその評価が落ちることはありません。



Mark Levinson マーク・レビンソンのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×