みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Mark Levinson コントロールアンプ No.26L MC

型番 No.26L MC
仕様 ・入力:アンバランス(LEMO)6系統
・出力:アンバランス(LEMO)1系統、バランス(XLR)1系統
・テープ出力:アンバランス(LEMO)2系統

サイズ
W(幅) : 444.00mm  H(高さ) : 78.00mm  D(奥行) : 333.00mm
重量(kg):8.1kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Mark Levinson コントロールアンプ No.26L MCの特徴

マークレビンソンのコントロールアンプ No.26L MCは、1988年に発売された、マークレビンソン新体制下における新時代を築いたコントロールアンプです。

このコントロールアンプ No.26L MCはマークレビンソン中期の代表的なコントロールアンプです。「MC Phonoオプションボード」を搭載していて、MCカートリッジを直に接続して音楽を楽しめます。キレがとても良く、それでいて極めて濃いサウンドです。十分にウォームアップをすれば、さらに素晴らしい音色を聴かせてくれます。



No.26L MCは当時から何十年も経っている今でも音楽ファンから人気があるモデルで、繊細かつ音の像の正確さ。力強さが味わえる、当時のマークレビンソン屈指のコントロールアンプになります。



当時のカード式モジュール形式ではなく、オプション基板を除いて主要な回路をワンボード構成にして、広い基板面積を上手くに活用しモノラル回路2つをシンメトリーに搭載する、当時としては初の「デュアル・モノラル・コンストラクション」を採用しました。

JC-2/ML-1Lから始まったスリムな本体のデザイン、ML-6~ML-6BLへと続いたモノラル・プリアンプに迫る高チャンネル・セパレーション、全段ディスクリート構成によるオーディオ回路、より強化し洗練された電源部等、No.26Lはマークレビンソンのコントロールアンプ技術の集大成です。また、音質の高クオリティと高い機能性という、あわせにくいテーマを見事に融合させたという、LNP-2以来のテーマに挑んだマークレビンソン中期の代表的なコントロールアンプです。



フォノアンプがないラインアンプのみで構成されたベーシックモデルで、メインボード上のオプションスロットを利用し、2種類のMCフォノカードとMMフォノカードのうちひとつを追加してフォノアンプ付きのモデルを構成できます。フォノカードのかわりとしてバランス入力カードを追加すると、ラインアンプをバランス入力に対応したモデルに変更できます。
カードにはそれぞれ「ゲイン切替えスイッチ」があり、インピーダンス切替えスイッチもあります。ゲイン切替えスイッチ&フロントパネルの上にある左右独立のゲインコントロールを組み合わせて、全入力に対応します。

マークレビンソンのコントロールアンプ No.26L MCの、強化した電源部と剛性が高いボディ等が描き出すサウンドは、音楽のジャンル問わずソリッドで繊細な音色を醸し出します。PHONO/MCが付いているのでアナログファンには特におすすめとなるコントロールアンプです。



Mark Levinson マーク・レビンソンの歴史

1973年、ハイエンドユーザー向けにmark levinson氏が『LNP-2』と言う高級オーディオ・アンプを発売したのがmark levinsonと言うブランド設立の由来です。

この高級オーディオ・アンプ『LNP-2』は、その当時としては突出した性能を持ち世界中のオーディオメーカーに研究された逸話を持っています。


1974年にmark levinson製モジュールを搭載した高級オーディオ・アンプ『JC-2』を初めて発売しました。この高級オーディオ・アンプ『JC-2』がmark levinson社のオーディオ・アンプの元祖と呼ばれることとなります。

mark levinson社のオーディオ・アンプ設計での絶対的な理念としていたのがモノラル設計に拘ると言うことでした。
別々の独立した2つのモノラル回路を一つの筺体にまとめることで、オーディオ・アンプをステレオ化することに成功。

この構成を『デュアルモノラル構成』と呼び、mark levinson社を代表するオーディオ・アンプの殆どに採用されています。
しかし、そんなモノラルに拘り続けたmark levinsonも、1980年代頃からモノラル構成に限界を感じ出し、従来のモノラル・モジュールからカード式モジュールへ改良を行い、更に音質の向上を実現することに成功します。


そうして誕生したのがプリアンプ『ML-7L』でmark levinsonを代表するスタンダードモデルとしてオーディオマニアからも高い評価を受けることとなりました。


この頃からmark levinsonはハイエンドブランドのオーディオメーカーとしての地位を確立しました。
1990年代に入るとオーディオ業界にも変革の時期が訪れ、アナログからデジタルへと急速に変化していくことになりました。


そんな時期にmark levinsonプリアンプの最高傑作と言われた『No.26SL』が発売されました。この『No.26SL』は世界中で賞賛を浴び、mark levinsonの名を更に高めることに成功します。mark levinson歴代プリアンプの中でも最高の評価を受けたのが、1997年に発売された『No.380L』と『No.380SL』です。


デジタル化が進む中でmark levinsonも時代に合わせた回路構成をを行い、単一回路で行える物は単一化し機能性・音質改善に力を注ぎ、最新集積回路デバイスを用いて誕生したのが『No.380L』と『No.380SL』です。プリアンプの頂点を極めたmark levinsonですが現在でもその評価が落ちることはありません。



Mark Levinson マーク・レビンソンのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×