みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Jeff Rowland パワーアンプ Model 102S

型番 Model 102S
仕様 W(幅) : 348.00mm  H(高さ) : 68.00mm  D(奥行) : 190.00mm
重量(kg) 3.40kg
発売年
高額買取ランク

rank2

Jeff Rowland パワーアンプ Model 102Sの特徴

シャーシに最上級6061ハードアルミを採用。アルミブロックの削り出しによる一体構造により共振を完全に排除。また、素子自体の微振動をも完全に吸収して、この筐体構造によってもノイズ対策を徹底しています。

JEFF ROWLAND ジェフ・ローランドの歴史

日本のRolandと間違える人も居ますがJEFF ROWLANDとRolandは全く関係はありません。

JEFF ROWLANDが出来たきっかけはJEFF ROWLANDの代表でもあるJEFF ROWLAND氏がまだAmpex社で働いていた頃にアンプ製作の依頼を受け、完成したアンプが高く評価されたことによりJEFF ROWLANDを立ち上げるキッカケとなったと言われています。



JEFF ROWLANDは1980年にJEFF ROWLAND氏により出来たオーディオ会社ですから歴史的にはまだ浅く老舗メーカーと言うほどではありません。


JEFF ROWLANDのアンプ『JEFF ROWLAND Model.7』が1986年に日本へ初めて輸入されたことによりJEFF ROWLANDの名前が日本に知れ渡ることになりました。


JEFF ROWLANDのアンプ『JEFF ROWLAND Model.7』が1986年に日本へ初めて輸入されたことによりJEFF ROWLANDの名前が日本に知れ渡ることになりました。


その大ヒットした理由の一つはオーディオマニアにしか分からないJEFF ROWLANDのアンプ設計の技術の高さではないでしょうか。


簡単に言いますとNON-NFBアンプは音の歪が良くない為、安定して動作させる事が困難なアンプなのでNON-NFBアンプを安定して動かすことを実現させようとすると、アンプの設計自体が大変な作業で通常のアンプと比べて費用的にも当然、高くなってしまいます。


したがってオーディオマニアではない限りなかなかその良さを理解する事が難しいと言うことです。JEFF ROWLANDが日本で初めて販売したNON-NFBアンプ『JEFF ROWLAND Model.7』が高級アンプにも関わらず売れたと言うことは、オーディオマニアがJEFF ROWLANDのアンプ設計を認めたのと同じ評価ではないでしょうか。


このようにJEFF ROWLANDは他社には真似出来ない複雑なアンプの回路設計技術と独特なアイデアに加えて、最先端技術も盛り込み世界のハイエンドユーザーから指示される高級オーディオメーカーとなりました。最先端技術も盛り込み世界のハイエンドユーザーから指示される高級オーディオメーカーとなりました。JEFF ROWLANDアンプを一度購入してみて下さい。

JEFF ROWLAND ジェフ・ローランドのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×