みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

JBL スピーカー K2 S9900

型番 K2 S9900
仕様 インピーダンス 8Ω Nominal/7Ω@100Hz/4Ω@40kHz
許容入力 400W(RMS)
出力音圧レベル 93dB(2.83V@1m)
周波数特性 33Hz ~ 50kHz(-6dB)
低域再生能力 23Hz(-10dB)
ホーン指向特性(水平×垂直) HF:100°×60°、UHF:60°×30°
クロスオーバー周波数 900Hz(−18dB/oct.)、15kHz(−24dB/oct. HPFのみ)
コントロール機能 HFレベルコントロール(-0.5dB / 0dB / +0.5dB)
HFプレゼンスコントロール(-0.5dB / 0 dB / +0.5dB)
LF/HFドライブモード切り替え(Normal / Bi-Amp)
寸法(W×H×D) 560×1,217×350mm(足含む/スパイク含まず)
重量 81.6kg(グリル装着時)
バイワイヤリング ○
発売年 2009
高額買取ランク

rank5

JBL スピーカー K2 S9900の特徴

 コンポーネンツをリファインし、EVEREST DD66000において確立したさまざまな技術を投入し、音響性能を格段にグレードアップさせた「Project K2 S9900」。JBL 初の高純度マグネシウムダイアフラムを採用し、サイズを100mm径に大型化した新開発コンプレッション・ドライバーを筆頭に、最先端コンポーネンツを搭載。キャビネットではDD66000の設計ノウハウを取り入れることで、380mm径ウーファーシステムながら威圧感の無いエレガントな意匠を獲得。

JBL ジェービーエルの歴史

JBLと聞けば音楽が好きな人には大変馴染みのあるスピーカー会社ではないでしょうか。アルテック・サービス社がJBLの前身社であったランシング・マニュファクチャリング社を買収して会社名がアルテック・ランシング社となりました。

ジェームス・B・ランシングが1946年にそのアルテック・ランシング社から独立して設立した会社がJBL社です。
JBL社の生みの親でもあるジェームス・B・ランシングは経営者としては冗談でも成功したとは言えませんでしたが、技術者としては超一流でアメリカの映画界に多大な貢献を与えた人物としても知られています。ジェームス・B・ランシングが特に力を入れていたのが劇場用スピーカーで、ジェームス・B・ランシングが作ったJBL劇場用スピーカーは当時、全米の映画館の標準スピーカーとされるほどの人気でした。


それからもJBL社のスピーカーは進化をし続けてオーディオ用スピーカーだけに留まらずギターアンプのスピーカーとしてJBLスピーカーが搭載されるほどで、今でもヴィンテージ物として愛好家に親しまれています。その当時、JBL社で最も人気があったスピーカーがフルレンジユニットの最高傑作として知られる15インチ・オーディオ用スピーカー『D130』です。このD130はオーディオ用としての用途だけではなくギターアンプにまで搭載されるほど高性能スピーカーでした。D130は15インチオーディオスピーカーの基礎となったスピーカーで、現在でも最新ウーハーにD130の技術が継承されています。

類まれなる技術を持ったジェームス・B・ランシングは、D130と同じ時期に発売されたD175と言う振動板よりも音の出口が狭いオーディオ・スピーカーを作り出したのを最後に1949年に自殺してしまいました。


ジェームス・B・ランシングの死後、JBL社はウィリアム・H・トーマス氏が社長就任となりジェームス・B・ランシングのスピーカーに対する熱い想いは受け継がれコンサート会場、録音スタジオ、映画館などで使用され、プロが認めるオーディオ・スピーカーメーカーです。


JBLと映画業界の繋がりは昔から深かったのですが、ジェームス・B・ランシング没後もJBLのスピーカーは、映画芸術科アカデミー・サミュエル・ゴールドウィン・シアターのスピーカーシステムに採用されたり、録音スタジオのモニタースピーカーや劇場用スピーカーでのシェアも非常に高く、現在でもJBLスピーカーは世界の人々に愛され続けています。

JBL ジェービーエルのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×