みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

JBL スピーカー 4612OK

型番 4612OK
仕様 方式 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:20cmコーン型(2118H)×2
高域用:ホーン型(2404H)
※後期カタログでは2118J×2、2404H-1と記載。
周波数特性 60Hz~21.5kHz -10dB
指向性 水平:100゜
垂直:100゜
許容入力 400W(連続プログラム)
200W(ピンクノイズ)
インピーダンス 8Ω
音圧レベル 97dB/W/m
クロスオーバー周波数 3kHz
外形寸法 幅546×高さ438×奥行254mm
重量 20.4kg
発売年 1984年
高額買取ランク

rank1

JBL スピーカー 4612OKの特徴

常設用のSRシステムとして開発されたスピーカーシステム。
ユニット構成は4612Bと同一となっており、低域には新設計の20cmコーン型ウーファーユニットである2118Hを2個搭載しています。
また、高域にはバイ・ラジアルホーンを用いたホーン型トゥイーター2404Hを搭載しています。
エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しており、外観はオーク調の仕上げが施されています。

JBL ジェービーエルの歴史

JBL ジェービーエルのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×