みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

JBL スピーカー 4344

型番 4344
仕様 方式 4ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット
前期 後期
低域用:38cmコーン型
中低域用:25cmコーン型
中高域用:ホーン型(2307+2308)
高域用:ホーン型 2235H
2122H
2421B
2405 2425J
2405H
再生周波数帯域 35Hz~20kHz ±3dB
許容入力 ネットワーク時:120W
バイアンプ時:200W(290Hz以下)
         150W(290Hz以上)
※IEC268-5に指定されたピンクノイズを用いて2時間テストを行った定格値
音圧レベル 93dB/W/m(500Hz~2.5kHzにおける平均値)
インピーダンス 8Ω
クロスオーバー周波数 ネットワーク時:320Hz、1.3kHz、10kHz
バイアンプ時:290Hz(18dB/oct)
指向性 水平60゜×垂直30゜(16kHz)
エンクロージャー容積 156L(ウーファー)
14L(ミッドウーファー)
外形寸法 幅635×高さ1051×奥行435mm
重量 96kg
発売年 1982年
高額買取ランク

rank1

JBL スピーカー 4344の特徴

日本でJBLの知名度が格段とアップした4343の流れを組む商品として登場したのが、JBL 4344です。実は、JBL 4344は販売年によって微妙に構成が変更されているモデルなのです。
今でも人気の高いモデルであるJBL 4344の歴史や特徴について解説していきます。










■ JBL 4344の歴史

JBL 4344が誕生したのは、1982年の事になります。4343Bの後継機として市場に投入されて、4343同様に大ブームを巻き起こしたモデルです。このJBL 4344も大人気モデルとなり、10年以上も販売されたロングセラーモデルとして、今でも中古市場において高値で取引されています。4343で日本の一般市場の支持を獲得しましたが、JBL 4344はスタジオでの普及も進みました。著名なミュージシャンも挙ってJBL 4344を使用していて、今でも使い続けている方がいらっしゃるようです!






■ JBL 4344の特徴

JBL 4344は、1982年に販売開始された後、実は翌1983年にモデルチェンジを行っています。便宜上、これ以降は前期型と後期型と分類していきます。両モデルともに、4ウェイ・バスレフエンクロージャーでサイズは幅635×高さ1051×奥行435mm、重量は96キロとなっています。圧倒的な存在感が印象的ですね!ユニット構成は、前期と後期で以下のように異なっています。






[前期型]
低域用-38cmコーン型(2235H)
中低域用-25cmコーン型(2122H)
中高域用-ホーン型(2421B)
高域用-ホーン型(2405)




[後期型]
低域用-38cmコーン型(2235H)
中低域用-25cmコーン型(2122H)
中高域用-ホーン型(2425J)
高域用-ホーン型(2405H)






そう、中高域と高域用の構成が違うんです。
これは、単純に高域特性に改良を加えたものであるので、基本は後期型の方が高いレベルに仕上がっているのが特徴的です。
4ウェイがバランスよく音を分担して、フラットな音の受け渡しをしているので非常に耳障りのないスピーカーに仕上がっています。

また、4343と比較して音のレンジが非常に広く、再現できなかった音も綺麗に聞こえるのが特徴です。ただ、高音域が若干ピーキーでピリ付く感じが出てくるところがあります。




クラシックには不向きというウィークポイントも、このJBL 4344で解消されています!理想のスピーカーにまた一歩近づいた印象ですね。JBLの特徴である、耐久性の高さもこのスピーカーでは踏襲されています。今でも現役で活躍できるのですから、すごいレベルですよね!




このユニットだけで十分通用する、バランスの良い逸品であります。中古市場を見ても、JBL 4344の人気は未だに根強いものがあります。






サイズ的に一般家庭ではなかなか設置しにくいものですが、是非ともJBL 4344で本物の音を楽しんでもらいたいものですね。

JBL ジェービーエルの歴史

JBLと聞けば音楽が好きな人には大変馴染みのあるスピーカー会社ではないでしょうか。アルテック・サービス社がJBLの前身社であったランシング・マニュファクチャリング社を買収して会社名がアルテック・ランシング社となりました。

ジェームス・B・ランシングが1946年にそのアルテック・ランシング社から独立して設立した会社がJBL社です。
JBL社の生みの親でもあるジェームス・B・ランシングは経営者としては冗談でも成功したとは言えませんでしたが、技術者としては超一流でアメリカの映画界に多大な貢献を与えた人物としても知られています。ジェームス・B・ランシングが特に力を入れていたのが劇場用スピーカーで、ジェームス・B・ランシングが作ったJBL劇場用スピーカーは当時、全米の映画館の標準スピーカーとされるほどの人気でした。


それからもJBL社のスピーカーは進化をし続けてオーディオ用スピーカーだけに留まらずギターアンプのスピーカーとしてJBLスピーカーが搭載されるほどで、今でもヴィンテージ物として愛好家に親しまれています。その当時、JBL社で最も人気があったスピーカーがフルレンジユニットの最高傑作として知られる15インチ・オーディオ用スピーカー『D130』です。このD130はオーディオ用としての用途だけではなくギターアンプにまで搭載されるほど高性能スピーカーでした。D130は15インチオーディオスピーカーの基礎となったスピーカーで、現在でも最新ウーハーにD130の技術が継承されています。

類まれなる技術を持ったジェームス・B・ランシングは、D130と同じ時期に発売されたD175と言う振動板よりも音の出口が狭いオーディオ・スピーカーを作り出したのを最後に1949年に自殺してしまいました。


ジェームス・B・ランシングの死後、JBL社はウィリアム・H・トーマス氏が社長就任となりジェームス・B・ランシングのスピーカーに対する熱い想いは受け継がれコンサート会場、録音スタジオ、映画館などで使用され、プロが認めるオーディオ・スピーカーメーカーです。


JBLと映画業界の繋がりは昔から深かったのですが、ジェームス・B・ランシング没後もJBLのスピーカーは、映画芸術科アカデミー・サミュエル・ゴールドウィン・シアターのスピーカーシステムに採用されたり、録音スタジオのモニタースピーカーや劇場用スピーカーでのシェアも非常に高く、現在でもJBLスピーカーは世界の人々に愛され続けています。

JBL ジェービーエルのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×