みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

B&W スピーカー Nautilus HTM1

型番 Nautilus HTM1
仕様 W(幅) : 783.00mm  H(高さ) : 318.00mm  D(奥行) : 316.00mm重量(kg) 21.00kg
発売年
高額買取ランク

rank2

B&W スピーカー Nautilus HTM1の特徴

Nautilus800シリーズのクオリティーを保持した究極のセンタースピーカー。ユニット構成・ネットワーク回路はNautilus804と同一構成。

Bowers & Wilkinsの歴史

Bowers & Wilkins(B&W)は1966年にイギリスで設立された高級オーディオメーカーです。日本では同じオーディオメーカーであるマランツが輸入し販売しています。Bowers & Wilkins(B&W)のスピーカーはどのモデルも人気があり、オーディオファンの憧れのメーカーです。

Bowers & Wilkins(B&W)の代名詞と言えるモニタースピーカーの801を1979年に発売を開始しました。このスピーカーの後継機モデルは現在でも発売されており、Bowers & Wilkins(B&W)を象徴するスピーカーです。このモニタースピーカーは著名なアーティストが数多く使用したアビー・ロード・スタジオに80年代後半から採用され、ビートルズやピンクフロイドなどのイギリスのロックミュージックに大きく貢献してきました。現在でもアビー・ロード・スタジオではBowers & Wilkins(B&W)のオーディオが採用され、多くのアーティストに親しまれています。


この801スピーカーは低音、中音、高音それぞれに異なるユニットを用いています。低音には30cmコーン型ウーファー、中音には10cmコーン型スコーカー、高音には2.6cmドーム型ツィーターを採用していました。Bowers & Wilkins(B&W)はKevlar(ケブラー)をコーン材料に初めて使用しました。音の特徴は音の密度が高く、原音に非常に忠実でとても堅実な音色です。そのため非常にモニタースピーカーに向いていました。この801スピーカーでBowers & Wilkins(B&W)のオーディオメーカーとしての地位を確立し、801スピーカー発売後も800シリーズをBowers & Wilkins(B&W)の主力スピーカーとして位置づけ、最新技術や一流の素材を用いています。

現在、Bowers & Wilkins(B&W)はオーディオ初級者〜上級者まで楽しめるスピーカーを幅広く揃えています。価格も数万〜100万円程度までと幅広いです。しかしどのスピーカーにもBowers & Wilkins(B&W)の思想が受け継がれています。また、多くのスピーカーにBowers & Wilkins(B&W)の代名詞的素材であるケプラーをコーン素材として採用しています。Bowers & Wilkins(B&W)はイギリスの名門であり、信頼も非常に高いオーディオメーカです。クラシックからロックまで幅広いジャンルをカバーするスピーカーが多くオススメのブランドです。

Bowers & Wilkinsのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×