みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

BOSE スピーカー 901SS

型番 901SS
仕様 W(幅) : 614.00mm  H(高さ) : 326.00mm  D(奥行) : 330.00mm重量(kg) 19.50kg
発売年
高額買取ランク

rank3

BOSE スピーカー 901SSの特徴

W(幅) : 614.00mm  H(高さ) : 326.00mm  D(奥行) : 330.00mm重量(kg) 19.50kg

BOSE ボーズの歴史

BOSEスピーカーをご存知ですか?もしもBOSEスピーカーの名前を聞いたことのない人でも、おそらくBOSEスピーカーを見たことがある人は多いことでしょう。目玉が二つ付いたデザインとスタンドで支える独特の形状の大型BOSEスピーカーはコンサートホールやライブハウス、小型の四角い弁当箱のような形状のBOSEスピーカーはカフェや喫茶店、その他いたるところで目にすることができます。


そのBOSEスピーカーの歴史は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジにある、マサチューセッツ工科大学(M.I.T)の一室から始まりました。それは1964年のことです。M.I.Tの学生の頃からオーディオとスピーカーの研究をしていたボーズ博士は、既存のスピーカーの音と生演奏の音のギャップを埋めるべく、独自のオーディオ理論を駆使してスピーカーの製作に取り組みました。その努力は1968年発売の901スピーカーに実を結びました。ここからオーディオメーカーとしてのBOSE社の歴史が始まったと言えます。ちなみに901シリーズはフルレンジユニットを前に1個、後ろに8個使用しており、音は後ろから出て部屋中に広がる仕組みになっています。その独自の形状とリアルなサウンドは世界中で絶賛され、大ヒット商品となりました。


1972年には業務用オーディオに参入、802シリーズを発売しました。BOSE ウェーブシステムは、パイプオルガンの原理を応用した独自理論「アコースティック・ウェーブガイド・テクノロジー」を搭載したモデルで、リッチな音色とリアルな中低音を楽しめます。ウェーブシステムはスピーカーに加えてラジオのチューナーとCDを搭載しているので、これ一台で音楽を何通りも楽しめます。

ウェーブシステムのWave sound touch music systemというモデルはラジオ、CDに加えてwifi・Blue toothで、iPhone、iPod. iPadなどを接続して音楽を楽しめます。「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」は何と14年間もの長期間のBOSE社の研究によって生み出されました。ウェーブシステムは、コンパクトに音楽を楽しみたい人に最適なモデルです。


ウェーブシステムについて詳しくは、BOSE社のホームページをご覧ください。BOSEの先進的なオーディオ技術はスピーカーだけには留まりません。画期的なノイズキャンセル機能を搭載したヘッドフォンも、BOSEの歴史に新たなページを刻みました。


QuietComfort25 Acoustic Noise Cancelling headphones(QC25) は値段は3万5千円とちょっと高いですが、ノイズを除去する機能は半端ではありません。
私も初期モデルを愛用しておりました。最新モデルはiPod、iPhone、iPad にも対応しています。

BOSE ボーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×