みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Accuphase プリメインアンプ E-303X

型番 E-303X
仕様 W(幅) : 445.00mm  H(高さ) : 160.00mm  D(奥行) : 370.00mm
発売年
高額買取ランク

rank3

Accuphase プリメインアンプ E-303Xの特徴

アキュフェーズ プリメインアンプ E-303X

 アキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xは次世代のデジタル・レコーディングやCD再生へ向けた配慮がなされた、新時代のインテグレーテッド・ステレオ・アンプとして、1983年12月に発売されました。発売当時の価格は29万8千円でした。インテグレーテッド・アンプの中では当時として最大レベルである150W/chの出力を実現しています。それを可能にしているのは、高速MOS FETのトリプル・プッッシュプル構成です。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xに搭載されているMOS FETは、正式名称を「Metal-Oxide Semiconductor Field Effect Transistor」といいます。優れた高域特性をもっており、また、多数キャリア・デバイスであることから電化蓄積が発生せず、そのため高速スイッチング特性にも優れています。入力インピーダンスが高いので、小さな電力素子で十分に稼働が可能です。これは、大きな信号電力を必要とするバイポーラ・トランジスタよりも秀でている点です。アキュフェーズ プリメインアンプ E-303X以前のモデルにも、MOS FETは採用されており、そのクリアな音質はもはやアキュフェーズの「顔」ともいえるでしょう。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-303XのMOS FETの駆動性をさらに高めているのがカスコード・プッシュプル方式と呼ばれる構成です。カスコードとは、チューナーにおける高周波増幅回路の一つの方式で、高周波においてもミラー効果が発生しないことが知られています。ハイゲインであることと、高域特性が非常に優れていること、その二つの利点がアンプの性能を格段に飛躍させ、ひずみのほとんどないクリアな音質を提供します。
 さらに、このアキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xは、テープモニター・スイッチと、ダビングスイッチが備えられています。これらのスイッチにより、2台のテープレコーダー間でのダビングが可能になっています。こうしたテープ機能は、CDの台頭や録音機器の変遷に合わせて進化したものです。アナログ・レコードの世界だけに終始せず、時代の進化に合わせてオーディオ・ライフを牽引するアキュフェーズの姿勢を、この一台に見ることができます。このアンプで再生される余計な色づけの一切ない音は、耳の豊かなオーディオ・ファンを惹きつけてやみません。

Accuphase  アキュフェーズの歴史

アキュフェーズのオーディオアンプは非常に高いです。現在販売されている一番安いプリメインアンプでも29万円、最高値は2台で250万円のモノラルパワーアンプ(モノラルなのでステレオ再生には2台必要)もします。しかしながら、その熱狂的な支持者は国内だけでも5万人を超えています。日本の製品、車とか電化製品全般は、低価格だけれども高品質というのが世界の共通の見方でありますが、アキュフェーズオーディオは、高価格で高品質というワ-ルドスタンダ-ドの物作りをずっと進めてきました。


アキュフェーズは1972(昭和47)年に「ケンソニック株式会社」という商号で設立された会社で、その後1982(昭和57)年にケンソニックからアキュフェーズに名前を変えています。その得意な物作りの姿勢は、会社設立メンバ-達のオーディオへの強烈なこだわりからなるものでした。設立時のメンバーは全員が元トリオ株式会社(後にケンウッドに社名変更、現JVCケンウッド)でオーディオ作りをしていたメンバ-でした。


アキュフェーズ は、家庭用の高級オーディオ(各種アンプ・プレーヤー・イコライザ)と業務用オーディオ機器を製造販売しています。どれもが、高価格帯のピュアオーディオで、特にアフターサービスが、非常に充実しています。昔のロ-ルスロイス社を彷彿させるものがあります。又製品のデザインをあまり変更しないこともよく似ています。そして製品にはすべての商品に社長の礼状がついていて、新品で購入しユーザー登録すると年初めには年賀状が届くような日本人に響く販売戦略を取っています。

Accuphase  アキュフェーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×