みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Accuphase プリメインアンプ E-530

型番 E-530
仕様 W(幅) : 475.00mm  H(高さ) : 196.00mm  D(奥行) : 422.00mm 重量(kg) 25.00kg
発売年
高額買取ランク

rank4

Accuphase プリメインアンプ E-530の特徴

アキュフェーズ プリメインアンプ E-530

 アキュフェーズ プリメインアンプ E-530は、2002年2月に定価50万円で発売されました。出力素子は、魅力的な音色を響かせることができるパワーMOS FETを取り入れ、これを純A級で動作させることで極上といっても過言ではないような美しい再生を可能にしています。従来、A級で動作をさせるには多くの電流が必要になるため、発熱量が増えるのが当たり前でした。ですが、パワーMOS FETは、熱に対して負特性をもっているため、発熱量を抑えながら安定したリニア・パワーを得ることができるのです。アキュフェーズ プリメインアンプ E-530のパワーMOS FETは、3パラレル・プッシュプルです。ゆえに、素子から発生する熱を分散させることができ、なおかつ内部雑音を低く抑えることができます。チャンネルあたり120W/2Ω、60W/4Ω、30W/8Ωという数値をみても、そのタフさは一目瞭然でしょう。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-530には高域の位相特性と音質に優れている「カレント・フィードバック増幅回路」を採用しています。「カレント・フィードバック増幅回路」は、出力信号を電流の形で帰還する電流帰還型増幅回路のことで、帰還入力部分のインピーダンスが非常に低いことで知られています。そのため、音質に影響しないナチュラルなエネルギー応答を得ることができます。アンプにこの回路を採用したことにより、プリアンプ部とパワーアンプ部をそれぞれ独立させて使用することが可能になりました。使い勝手、音質ともに、セパレート・アンプに負けずとも劣らないレベルを誇っています。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-530のトーン・コントロールは、とことん音質にこだわるため加算型のアクティブ・フィルター方式を採用しています。
 さらに、アキュフェーズ プリメインアンプ E-530は、他のアキュフェーズ社製商品と同じく、オプション・ボードを増設するスロットがついています。ボードは、CDプレーヤーやチューナーといったアナログ信号を再生するための「ライン入力ボード」、CDプレーヤーやMD、 DATといったデジタル出力をつなげて音楽演奏をおこなうための「デジタル入力ボード」、「アナログ・ディスク入力ボード」の3種類です。「アナログ・ディスク入力ボード」には高性能のハイゲイン・イコライザーが搭載されており、レコードの高音質再生を保証します。

Accuphase  アキュフェーズの歴史

アキュフェーズのオーディオアンプは非常に高いです。現在販売されている一番安いプリメインアンプでも29万円、最高値は2台で250万円のモノラルパワーアンプ(モノラルなのでステレオ再生には2台必要)もします。しかしながら、その熱狂的な支持者は国内だけでも5万人を超えています。日本の製品、車とか電化製品全般は、低価格だけれども高品質というのが世界の共通の見方でありますが、アキュフェーズオーディオは、高価格で高品質というワ-ルドスタンダ-ドの物作りをずっと進めてきました。


アキュフェーズは1972(昭和47)年に「ケンソニック株式会社」という商号で設立された会社で、その後1982(昭和57)年にケンソニックからアキュフェーズに名前を変えています。その得意な物作りの姿勢は、会社設立メンバ-達のオーディオへの強烈なこだわりからなるものでした。設立時のメンバーは全員が元トリオ株式会社(後にケンウッドに社名変更、現JVCケンウッド)でオーディオ作りをしていたメンバ-でした。


アキュフェーズ は、家庭用の高級オーディオ(各種アンプ・プレーヤー・イコライザ)と業務用オーディオ機器を製造販売しています。どれもが、高価格帯のピュアオーディオで、特にアフターサービスが、非常に充実しています。昔のロ-ルスロイス社を彷彿させるものがあります。又製品のデザインをあまり変更しないこともよく似ています。そして製品にはすべての商品に社長の礼状がついていて、新品で購入しユーザー登録すると年初めには年賀状が届くような日本人に響く販売戦略を取っています。

Accuphase  アキュフェーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×