みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Accuphase プリメインアンプ E-460

型番 E-460
仕様 W(幅) : 465.00mm  H(高さ) : 181.00mm  D(奥行) : 428.00mm 重量(kg) 24.40kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Accuphase プリメインアンプ E-460の特徴


アキュフェーズ プリメインアンプ E-460

 アキュフェーズ プリメインアンプ E-460は2010年11月に48万円で発売されました。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-460は、音楽信号が可変抵抗体を通ることなくボリュームを変えることができる画期的なボリューム・コントロール方式である「AAVA」を搭載しています。この「AAVA」では、2の16乗=65,536もの段階の組み合わせが可能なので、どんな微小な音量コントロールも思いのままに操作することができます。すべての音を最適なボリュームで聴きたいという耳の肥えた音楽ファンにはたまらない機能です。
 パワーアンプ部には、当時最新を誇ったインスツルメンテーション・アンプ方式を採用、信号の経路をバランス伝送化して、電気的性能を極限まで高めることに成功しています。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-460には、USBケーブルを接続することもできます。DAC-30のUSB端子をパソコンに接続すれば、ハイレゾリューション・データを高音質で再生することが可能です。DAC-20の入力端子は、COAXITAL、OPTICAL:96kHz/24bitまでで、DAC-30の入力端子はCOAXIAL:192kHz/24bitまで、OPTICALとタイプBのUSB:96kHz/24bitまでが可能です。
 アキュフェーズ プリメインアンプ E-460はまさしく、音楽に宿る個性や潜在能力をあますことなく引き出すことができる、圧倒的存在感をもったアンプといえるでしょう。その証拠に、アキュフェーズ プリメインアンプ E-460は音楽之友社主催のベスト・バイ・コンポ2012において、第3位に選ばれています。また、翌年に開催されたベスト・バイ・コンポ2013では堂々の第1位を獲得しました。これは、音楽之友社発行の雑誌「Stereo」の2012年12月号、及び2014年1月号で紹介されています。
 このベスト・バイ・コンポは、2006年から始まった「Stereo」誌で人気の恒例企画で、各ジャンルの価格帯別に優れたオーディオ機器が紹介されています。アキュフェーズ社の商品は、E460の他にも多くの機器が常に高い順位を獲得しています。
 独自に技術を開発し、たゆまぬ努力でより豊かな再生音にこだわり、音質を追求し続けているアキュフェーズ社のアンプは、オーディオ・ファンならぜひ手に入れたいアイテムです。

Accuphase  アキュフェーズの歴史

アキュフェーズのオーディオアンプは非常に高いです。現在販売されている一番安いプリメインアンプでも29万円、最高値は2台で250万円のモノラルパワーアンプ(モノラルなのでステレオ再生には2台必要)もします。しかしながら、その熱狂的な支持者は国内だけでも5万人を超えています。日本の製品、車とか電化製品全般は、低価格だけれども高品質というのが世界の共通の見方でありますが、アキュフェーズオーディオは、高価格で高品質というワ-ルドスタンダ-ドの物作りをずっと進めてきました。


アキュフェーズは1972(昭和47)年に「ケンソニック株式会社」という商号で設立された会社で、その後1982(昭和57)年にケンソニックからアキュフェーズに名前を変えています。その得意な物作りの姿勢は、会社設立メンバ-達のオーディオへの強烈なこだわりからなるものでした。設立時のメンバーは全員が元トリオ株式会社(後にケンウッドに社名変更、現JVCケンウッド)でオーディオ作りをしていたメンバ-でした。


アキュフェーズ は、家庭用の高級オーディオ(各種アンプ・プレーヤー・イコライザ)と業務用オーディオ機器を製造販売しています。どれもが、高価格帯のピュアオーディオで、特にアフターサービスが、非常に充実しています。昔のロ-ルスロイス社を彷彿させるものがあります。又製品のデザインをあまり変更しないこともよく似ています。そして製品にはすべての商品に社長の礼状がついていて、新品で購入しユーザー登録すると年初めには年賀状が届くような日本人に響く販売戦略を取っています。

Accuphase  アキュフェーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×