みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Accuphase コントロールアンプ C-2420

型番 C-2420
仕様 W(幅) : 465.00mm  H(高さ) : 409.00mm  D(奥行) : 150.00mm 重量(kg) 19.20kg
発売年
高額買取ランク

rank5

Accuphase コントロールアンプ C-2420の特徴

アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420は、2012年11月に発売されたコントロールアンプです。同社の独自技術である「AVVA方式ボリューム・コントロール」を搭載したモデルで、当時の価格は71万4千円でした。自然木のサイドパネルがワンランク上の雰囲気を演出しています。
 同社で「AVVA方式ボリューム・コントロール」が初めて搭載されたのは、2002年に発売されたプリアンプC-280でしたが、アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420に搭載された「AVVA方式ボリューム・コントロール」は、そこからさらに進化を遂げています。アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420では、ボリューム・ノブにつながる音量検出機構に、C-2420と同一のアルミブロックから削り出したボリュームセンサーを使用しています。実際に操作するパネル面のノブと、音量を変更する内部のCPUをつなぐこの機構に、C-2420と同じブロックから切り出して加工したセンサーを搭載することによって、操作の感触をよりなめらかにさせ、ボリューム・コントロールの精度向上を図りました。
 先代モデルと同じく、トランスやフィルター・コンデンサーといった電源部も、ユニットアンプ群も、徹底した左右独立の構成です。このこだわりのモノ・コンストラクション構成により、ノイズの徹底排除を実現しました。
 アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420は、高音質を約束する専用のヘッドフォーン・アンプ回路を内蔵しています。使用するヘッドフォーンの感度に合わせた標準、+10dbの2段階が選択可能になっています。
 アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420には、低音域を豊かにするコンペンセーターに加え、超低域のノイズをカットするサブソニック・フィルターが搭載されています。また、全体の音量レベルやゲインが数値で表示されるため、視覚的にも使いやすさが向上しています。
 専用のフォノイコライザー・ユニットであるAD-2820を増設すれば、アナログ・レコードの再生が可能になります。AD-2820の基板には「ガラス布フッ素樹脂基材」を採用、さらに基板をアルミケースに収納することで、外部からの影響を限りなくゼロに近づけました。もちろん、回路の接続にもこだわっています。入力端子と増幅回路は最短距離で接続され、SN比は究極のレベルにまで高められています。

Accuphase  アキュフェーズの歴史

アキュフェーズのオーディオアンプは非常に高いです。現在販売されている一番安いプリメインアンプでも29万円、最高値は2台で250万円のモノラルパワーアンプ(モノラルなのでステレオ再生には2台必要)もします。しかしながら、その熱狂的な支持者は国内だけでも5万人を超えています。日本の製品、車とか電化製品全般は、低価格だけれども高品質というのが世界の共通の見方でありますが、アキュフェーズオーディオは、高価格で高品質というワ-ルドスタンダ-ドの物作りをずっと進めてきました。


アキュフェーズは1972(昭和47)年に「ケンソニック株式会社」という商号で設立された会社で、その後1982(昭和57)年にケンソニックからアキュフェーズに名前を変えています。その得意な物作りの姿勢は、会社設立メンバ-達のオーディオへの強烈なこだわりからなるものでした。設立時のメンバーは全員が元トリオ株式会社(後にケンウッドに社名変更、現JVCケンウッド)でオーディオ作りをしていたメンバ-でした。


アキュフェーズ は、家庭用の高級オーディオ(各種アンプ・プレーヤー・イコライザ)と業務用オーディオ機器を製造販売しています。どれもが、高価格帯のピュアオーディオで、特にアフターサービスが、非常に充実しています。昔のロ-ルスロイス社を彷彿させるものがあります。又製品のデザインをあまり変更しないこともよく似ています。そして製品にはすべての商品に社長の礼状がついていて、新品で購入しユーザー登録すると年初めには年賀状が届くような日本人に響く販売戦略を取っています。

Accuphase  アキュフェーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×