みっけオーディオブログ オーディオよもやま話

Accuphase コントロールアンプ C-2000

型番 C-2000
仕様 W(幅) : 465.00mm  H(高さ) : 150.00mm  D(奥行) : 405.00mm 重量(kg) 16.00kg
発売年
高額買取ランク

rank4

Accuphase コントロールアンプ C-2000の特徴

アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、2004年7月に39万円という価格で発売されたコントロールアンプです。C-2000とC-2800、C-2400の設計と技術を受け継いだアキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、さまざまなテクノロジーを搭載することによって、完全なモノ・コンストラクション構成を実現しました。
 アキュフェーズの独自開発技術である「AAVA方式ボリューム・コントロール」により、高音質を保ったままでの音量コントロールを可能にしています。ボリューム調整で音質が変化することはありません。「AAVA方式ボリューム・コントロール」は可変抵抗体を使用しないので、音のひずみが非常に少なく、さらに高SN比で周波数特性が変化しないため、ノイズがほとんど発生しません。コンペンセーターが搭載されているので、低音の量感も豊かに広がります。
 回路はシンプルな構造を徹底しています。アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、たくさんの入力端子、出力端子、ファンクションを切り替えて使用します。複雑な回路では信号があちこちに引き回されて無駄がでますが、安定性に優れた「ロジック・リレーコントロール信号切替回路」を採用することによって、信号経路を最短に縮小することに成功しています。
 アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000のアンプ回路は、5つのユニット・アンプから構成されています。入力バッファー、AAVA、バランス出力といったアンプ回路は、すべてマザーボードの上で左右に分離され、配置されています。平滑回路と電源トランスも左右独立の構成で、アンプ間での相互干渉を取り除くことに徹底的にこだわったモデルです。リモコンが付属しており、音量調整と入力セレクターの切替が遠隔操作できるのも嬉しいポイントです。
 アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000には、オプション・ボードをつけることもできます。オプション・ボードは、デジタル入力ボードDAC-10、アナログ入力ボードAD-10、ライン入力ボードLINE-10の3種類が発売されており、複数の同一ボードを増設することも可能になっています。
 デジタル入力ボードを増設すると、CDプレイヤー、DAT音源などのサンプリング周波数32kHzから96kHz、24bitのデジタル出力を接続して、ワンランク上の本格的な演奏をすることができます。

Accuphase  アキュフェーズの歴史

アキュフェーズのオーディオアンプは非常に高いです。現在販売されている一番安いプリメインアンプでも29万円、最高値は2台で250万円のモノラルパワーアンプ(モノラルなのでステレオ再生には2台必要)もします。しかしながら、その熱狂的な支持者は国内だけでも5万人を超えています。日本の製品、車とか電化製品全般は、低価格だけれども高品質というのが世界の共通の見方でありますが、アキュフェーズオーディオは、高価格で高品質というワ-ルドスタンダ-ドの物作りをずっと進めてきました。


アキュフェーズは1972(昭和47)年に「ケンソニック株式会社」という商号で設立された会社で、その後1982(昭和57)年にケンソニックからアキュフェーズに名前を変えています。その得意な物作りの姿勢は、会社設立メンバ-達のオーディオへの強烈なこだわりからなるものでした。設立時のメンバーは全員が元トリオ株式会社(後にケンウッドに社名変更、現JVCケンウッド)でオーディオ作りをしていたメンバ-でした。


アキュフェーズ は、家庭用の高級オーディオ(各種アンプ・プレーヤー・イコライザ)と業務用オーディオ機器を製造販売しています。どれもが、高価格帯のピュアオーディオで、特にアフターサービスが、非常に充実しています。昔のロ-ルスロイス社を彷彿させるものがあります。又製品のデザインをあまり変更しないこともよく似ています。そして製品にはすべての商品に社長の礼状がついていて、新品で購入しユーザー登録すると年初めには年賀状が届くような日本人に響く販売戦略を取っています。

Accuphase  アキュフェーズのエピソード

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×